最近の記事

カテゴリー

月別過去記事

ガマ池の池干しと生きもの調査を行いました④

2019.12.23 | イベント・催し物

この連載もついに最終回です!

(過去ブログ「ガマ池の池干しと生きもの調査を行いました」)

 

 

1208池干し_1287

 

1208池干し_1376

 

小さな魚や貝類。

当日来園者の方々に展示ブースで間近でご覧いただきました。

 

1208池干し_1367

 

カメは寒さのせいか、もしくは警戒しているのでしょうか、顔を出してくれません。

 

 

1208池干し_1341

 

大きなナマズ。泥まみれのため一匹ずつ丁寧に洗っていきます。

 

 

1208池干し_1347

 

1208池干し_1352

 

大きな魚は大きさ、重さを測定。

 

この日行った生きもの調査の結果は以下の通りです。

 

 

 ▶捕獲した主な生きもの

 (甲殻類)

 スジエビ・・・5,669匹

 (魚 類)

 フナ類・・・3,490匹

 モツゴ・・・2,857匹

 カダヤシ・・・1,318匹

 ヨシノボリ類・・・833匹

 (貝 類)

 フネドブガイ・・・403匹

 (両生類)

 ウシガエル・・・274匹

 

 ▶その他(数は少なかったが生息していたもの)

 (貝 類)ヒメタニシ

 (甲殻類)ヌマエビ、アメリカザリガニ

 (魚 類)コイブルーギル、ドジョウ、カムルチー(ライギョ)、ナマズ、ゲンゴロウブナ

 (昆虫類)マツモムシ、コシアキトンボ、ギンヤンマ、イトトンボ、シオカラトンボ、オオヤマトンボ

 

 ※赤字は外来種です。

 

 ▶体長・体重

 コイ・・・735mm、2,320g

 ゲンゴロウブナ・・・360mm、790g

 マナマズ・・・610mm、1,640g

 カムルチー(ライギョ)・・・550mm、1,880g

 

 

今回の生きもの調査の結果でした。

そして、現在のガマ池は・・・

 

1220ガマ池①

 

1220ガマ池②

 

ただいま水質改善を目的に天日干しを実施しています。(2月下旬までを予定)

そして、今回の生きもの調査で捕獲した生きものについては、なごや生物多様性センター等にて一時保管をしており、天日干し後に水が溜まり次第、3月頃にガマ池へ戻す予定です。

 

皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

最近の記事

カテゴリー

月別過去記事