最近の記事

カテゴリー

月別過去記事

珍客

2013.11.1 | 日々のこぼれ話

Pb013246_3

本日は珍客が舞いこんで来ました。
どうやら「オオミズナギドリ」のようです。
陸上競技場で部活動をしていた生徒さんが保護されました。
状況を確認するとカラスにいじめられていて飛べない。との事。

実はこの鳥は外洋など海を生活圏とする鳥で
イワシなどの群れを見つけ鳥山を作り
漁師さんにカツオの群れなどが居る事を知らせる事から
「カツオドリ」などとも呼ばれています。

基本的に野鳥の保護は庄内緑地では行っておらず
厳しいですが「自然の生き物は自然のままに」がルールです。
が、せっかく保護してくれた生徒さん達の気持ちを考えると・・・

実はこの鳥は翼を広げると1m以上になります。
そういった鳥なので地表からパッと飛び立つ事は出来ません。
カラスに追われやむなく地表に降りたのか
オオタカも飛来していたので攻撃されたのか・・・

怪我はしていないようなので庄内川河川敷付近で一度放鳥しましたが
大きな翼を広げただけで飛ぼうとしません。
水かきのある脚なので水辺の方が離陸しやすいか?と
ボート池へ移動し放鳥
常連の愛鳥家の方へ連絡し様子を見て頂く事にしました。

じきに
「無事水面を走って助走をつけ飛び立ったよ!」と連絡が
本当に良かったです。
しかし外洋に居るはずのオオミズナギドリがなぜ庄内緑地に???
不思議な事もあるものです。

最近の記事

カテゴリー

月別過去記事